国産家具Q&A

Q: なぜ“安全、安心、環境に配慮した国産家具”なの?

 A: ユーザーの皆様が最も関心のある「安全」「安心」そして「環境」などに配慮することは今や企業としての社会的責任といえます。認定事業者はユーザーの皆様の安全のために各自工夫を行い、さらに材料や接着剤、塗料などはF☆☆☆☆製品(ホルムアルデヒドの放散量が最も少ないもの)を、さらに原材料となる木材は違法伐採ではないものを使うことで環境に配慮しています。認定事業者は、わが国で家具を作っているということだけでなく、これらの社会的責任をはたせることを条件としています。


Q: なぜ“原材料を除く”なの?

 A: 私たちは、「わが国で長年培ってきた技術」で作った家具をユーザーの皆様にご提供したいと考えております。それゆえ家具の原材料は国産・輸入を問わず最適なものを使っています。

 

Q: なぜ“家具の部分品の生産からの工程を日本国内で”なの?

 A: 家具をよく見ていただくと、さまざまな部分品を組み合わせて成り立っていることがおわかりいただけると思います。これらの部分品を作るには「わが国で長年培ってきた技術」が必要であり、国産家具と呼ぶためにはこの工程をわが国で行うことが不可欠なポイントと考えています。

 

Q: なぜ“木製家具の場合は、合法木材供給事業者(違法伐採ではない木材・木製品であることを証明できる事業者として業界団体等から認定されたもの)であること”なの?

 A: 森林の違法伐採は、森林の減少によりそこから蒸発する水分も減ることで火災や干ばつの原因となり、これが地球温暖化や生態系への悪影響などの環境面をはじめ、持続的な森林経営への打撃、地域住民の生活の破壊といったものにも及ぶとされています。
合法的に伐採された木材、すなわち合法木材を使うことは違法伐採をなくすことにつながることであり、材料にこの木材を使ったことを証明できる事業者として、地球環境の保全に貢献することをめざしています。

2017年5月には合法木材の利用促進を目的としたクリーンウッド法が施行され、家具メーカーなど木を扱う事業者は、合法木材の利用に努めることが求められるようになりましたが、国産家具マークを表示している事業者はこれに先立ち、積極的に取り組んでいます。

 

Q: なぜ“修理およびメンテナンスに応じていること”なの?

 A: 長く使ってきた家具には愛着があり、壊れたので直したいといったユーザーの皆様が非常に多くいらっしゃいます。このご要望にお応えできる体制を整えて、安心して家具を使っていただけるようにしています。

 

Q: なぜ“他社の実用新案や特許、デザインなどをまねたり、
   勝手に使ったりしないこと”なの?

 A: 便利なアイデアやすてきなデザインで家具を選ぶという方は多いと思われますが、これはそのオリジナル性がユーザーの皆様から認められたということができるでしょう。認定事業者は、他社のアイデアやデザインをまねたり、勝手に使ったりすることなどはせず、ユーザーの皆様からの期待に応えるべく、オリジナルの家具づくりに取り組んでいます。